FC2ブログ

旅行記~その4~

2019.09.08.Sun.16:52
外で食べるごちそうは最高においしいけど自宅に招かれたり、マルシェで買い食いも
やっぱりおいしい。

A1C0246A-F945-4B4E-BBC4-A4DA9FCCCBCB.jpg IMG_1614.jpg IMG_1608_20190908163439db2.jpg
スーパーで買ったパンだけど結局食べきれずにスーツケースに忍ばせて持ち帰り。
帰国後に食べても最高においしい。フロマージュブランと間違えて買ったヨーグルトも
器がかわいいコンポートも部屋での軽食を満足させてくれる。

IMG_1592.jpg IMG_1593.jpg IMG_1594.jpg
友人のお姑さんの親戚がノルマンディで農場を経営しているとかで自家製のシードルはこれまた最高。
写真はないけどチーズもたっぷりいただいてます。友人が豪華に大きなスズキを蒸し焼きにしてくれて
ふわっふわの出来。クリームに埋もれているのはお姑さんのピーチメルバ。シロップも自分で作られるそう。

IMG_1616.jpg IMG_1617.jpg IMG_1609.jpg
瓶詰めのホワイトアスパラはスーパーで気軽に買えて絶品。マルシェで買ったチーズをタルトに乗せて。
知り合って20年来の友人Yとは恋バナで盛り上がりながらあっという間に時間が過ぎる。

今回の旅は特に予定を入れず行き当たりばったり。足のこともありあまり動けないかなと思ったけど
楽しいことをするときは痛みも軽減。おかげで体重もしっかり増え帰国後は重いからだが足を締め付け
少々つらいがあまりにも楽しくおいしい旅だったので次のチャンスまでまたいろいろ練っていこうと
誓うのである。









スポンサーサイト



旅行記~その3~

2019.09.08.Sun.16:18
今回の旅はとにかく食べて食べて食べまくった!

IMG_1517.jpg IMG_1524.jpg IMG_1534.jpg
到着日は軽食で済ませ、時差ボケで食欲も不安定。そこにガツンと食べることでリセットだと
早速、ステーキ。友人とサンラザール駅にほど近いカフェへ。テラスも中もほぼ満席のこのお店、
小さな2人掛けがあいていてそこへ滑り込む。大当たりのお店。日差しが強いのでロゼを。
この日の夕方遊学時代、剣道の道場で知り合ったIさんに福山わいん工房さんのワインを
持ってきた。ワインの仕事をこちらでされているIさんには、遊学から帰国する際たくさんワインを
いただいたり大変お世話になった。10数年ぶりに忙しい日程の空きを狙って事務所へおじゃま。
事務所の方を交えあっという間に1本。今の気候にぴったりでおいしいと言ってもらえて大満足。
貴重なワインを次々に飲ませていただきお土産まで頂戴してすっかりいい気分で帰宅。

IMG_1528.jpg IMG_1529.jpg IMG_1535_20190908150243f01.jpg
これをスタートに食べまくりはじめます。友人Yと彼女の職場近くのビストロでのランチ。
骨付きの豚肉。常についてくるポテトフライのおいしいこと!友人は鶏肉。バケツ一杯の
ムールとハンバーガーは、ビールの有名店で。ムールも白ワイン蒸しではなく、ビール蒸し。
写真はありませんがこの店のトイレにはビール瓶のふた王冠がびっちりはってありました。

IMG_1584.jpg IMG_1586.jpg
カルティエ財団のギャラリーからほど近い場所のレストランで豪華ランチをごちそうに。
パテカンパーニュはそれだけでもうおなか一杯。メインは初挑戦の子牛の腎臓。
横のはじゃがいも。

IMG_1600.jpg IMG_1601.jpg IMG_20190824_123836120.jpg
パリに来たら必ず食べるものNO.1の鴨料理。前菜も鴨の燻製。
カオールのワインといっしょに。

IMG_1602.jpg IMG_1603.jpg IMG_1604.jpg
IMG_1605.jpg IMG_1607.jpg
お昼に鴨料理、夜も豪華ディナー。ヴァンヴ蚤の市にほど近い場所にあるレストランへ連れて
行ってもらいました。前菜はアボカドとパテをパリパリの?に挟んだもの。
ステーキが有名なお店だそうだけどもうタップリソースが無理そうだったので胡椒ソース。
すごくやわらかでおいしかった。驚愕のデザート。大き目のシュー皮のなかにバニラアイスが
ごろっと3個。上からバケツに入ったチョコレートをお姉さんがこれでもかとかけてくれてチョコの海。
残念ながら完食できず。というよりアイス1個とシューのふたしか食べれんかった!

IMG_1623.jpg IMG_1630.jpg IMG_1629.jpg
IMG_1632.jpg
ポワラーヌのパン屋の横にはタルティーヌ屋がある。そこでランチ。本日のランチがこちら。
茄子のペーストの上に生ハムそしてブッラータ。パリで必ず食べるものNO.2はPHO。
今回はネムも。デザートにタイのアイスティ。

IMG_1626.jpg IMG_1627.jpg IMG_1625.jpg
IMG_1628.jpg
洋ナシにロックフォールのクリームがかかっていてさらに芯に詰めてある前菜。豚のほほ肉。
ジャガイモのピューレもおいしすぎるのに食べきれない。友人はパテが大きいからとサラダ系の
メインだけどジャガイモまるごとだよ。鴨のコンフィがふんだんに。

                                      その4へ続く













 
















旅行記~その2~

2019.09.08.Sun.14:38
毎日、部屋の窓からちょっぴり見えるエッフェル塔を眺めながら過ごす。
IMG_20190823_080653413.jpg IMG_1505_2019090814023066c.jpg IMG_1526.jpg

IMG_1537.jpg IMG_1619.jpg
朝、少し雲が多くても雨には一切合わずずっとカンカン照り。私が到着する1週前は雨の日が続いて
いたそう。またまた、晴れ女を証明してしまった。

IMG_1507.jpg IMG_1513.jpg IMG_1515.jpg
足に負担をかけまいとメトロやバスを使いまくり。本来全く徒歩圏内の大型ショッピングモール。
人は少ないしエアコンは利いてるので快適。毎回お約束のモンマルトルの生地屋街。
こちらも意外とガラガラ。

IMG_1520.jpg IMG_1523.jpg IMG_1539.jpg
IMG_1540.jpg IMG_1581.jpg IMG_1587.jpg
ステキなパッサージュの手芸店。建物全体がアート!!初めて訪れたカルティエ財団のギャラリー。
「樹」をテーマにした展示会に遊学時代の友人Mちゃんが誘ってくれて彼女のフランス人のお姑さんと
9月から小学校に入学の息子くんと一緒にアートに触れる。屋外にあるこの「樹」は紙で出来ていた。
デジタルの動く年輪とか本当に斬新!ランチの後、12区の大きな手芸店へと向かうが残念ながら
閉店しており汗だくでいったん帰宅。

IMG_1588.jpg IMG_1599.jpg IMG_1612.jpg
IMG_1615.jpg IMG_1622.jpg
パリ郊外に住むMちゃん宅へ夕食のご招待を受け指定のバス停へ。この日ロックコンサートが近くの
会場であり、とにかく車が大渋滞。待てど暮らせどバスは来ない。結局Mちゃんが車で迎えに来て
くれたのだけどとりあえず大渋滞の場所を避けたとこまで移動。その際、西端のセーヌを徒歩で越える。
日陰と日向の強いコントラスト。結局最終日に1回しか行けなかった賞を取ったことのあるパン屋さん。
20年くらいの付き合いになる友人Yのお宅訪問の際パリの外周を走るトラムへ。エアコン利いてる!!
ポワラーヌのある通りをウインドウショッピングしながら。
                     
                                    その3へ続く

















4年ぶりのパリは・・・ 旅行記~その1~

2019.09.08.Sun.12:57
やっと来ることができた4年ぶりのパリ。そして2年ほったらかしたこのブログ。fbを見ない友人たちへ
配信します。(実は自分の備忘録)
CDG空港から現地の友人に予約してもらっていたハイヤーに乗って宿泊先へ向かう。
車内はエアコンをかけていなかったが親切なムッシュが「窓閉めようか?」私は「のんめるし」
わぁ~フランス語聞き取れた!!っと一人にたつき。
これこれ、これがパリのにおいなんよ~。
湿気のないさわやかな風。
IMG_1504.jpg IMG_1503.jpg A1C0246A-F945-4B4E-BBC4-A4DA9FCCCBCB.jpg
現地時間20時過ぎに1週間お世話になる短期貸しアパルトマンへ到着。
キッチンの窓からエッフェル塔の先が少し見える。はす向かいに22時まで空いているスーパーがあるので
荷ほどきの前に食べ物と飲み物を調達。もちろんワインも(ハーフボトル)。

IMG_1509.jpg IMG_1508.jpg IMG_1510.jpg
部屋は日本階6階、エレベータ付き。4年前に利用した部屋はベットへはしごで登らないといけなかったが
今回の部屋はワンルームタイプでバスタブもあるし日本のような洗面台もある。何より洗濯機付きの
お部屋は手洗いで洗濯することを思えば時間に余裕があるし乾燥したこちらの空気では速乾だ。
2日目くらいまではまだ日本より涼しいと感じていたがその後はずっと30度超え。部屋にエアコンはない。
扇風機があっただけ助かったけど、建物の中はまだましで地下鉄やバスはもちろんエアコンなし。
今思えば日傘さして歩けばよかったと。

IMG_1506.jpg
4年前と大きく違うのがスマホを片手に歩いている人の多いこと!!
まだヴァカンスから戻ってないパリジャンの代わりにほとんどが観光客というのもあるが
ひったくられるのでは?っと思うのは私だけ?
他にも、シェア電動キックボード『Lime-S』があちらこちらに転がってる!上の写真のように
きちんと置かれているものは少なく歩道に横倒しになっていたりひどい有様。
事故も多発しているとのこと。ちょっと残念に思った。
確かに紙の地図がいらなくなって便利にはなったけどそれを楽しんでいた人は
少なくないはず。

                                    その2へ続く




7月7日 七夕

2017.07.07.Fri.16:25
七夕の今日は友人のBDでもありますが画家マルク・シャガールも誕生日なのだとか。
好きな画家の一人であるシャガール。
かれこれ13年も前になりますがPARISへ遊学していたころ、手持ち資金も底をつき帰国を目前としていた2004年の2月。
現地で仲良くしてもらっていたMちゃんとニースへプチ旅行。現地で同じ道場へ所属し当時旅行会社の社長という肩書きのM氏と合流。ニースから小さな街々へ案内してもらった。
その中に、ヴァンスという村があってシャガールのモザイク画がある小さな教会へ。
それはそれは感激したのを思い出した。膨大な画像データのなかから見つけ出した。
65歳で再婚したシャガールが住んでいた街。Ancienne Cathedralは11世紀に建てられたもの。
南仏にぴったりの明るい色使いだ。懐かしいなぁ~。
T0096.jpg

0097.jpg
 | HOME | Next »