スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナージュのワークショップを担当します

2011.04.25.Mon.17:06
現在、私が勤める会社では月に1回イベントを行う日がある。地元雑貨店とコラボしたり、簡単なワークショップを開いたり。5月は私が提案したカルトナージュ「壁紙で作るフォトフレーム」。素敵な柄の壁紙サンプルがあったのでいただいて試してみたら、生地よりもコーナーの処理が簡単できれいに仕上がる。ただし壁紙の表面には汚れ防止とかいろんな加工がしてあるのでボンドでは接着しにくい。そこで邪道かもしれないけど両面テープを使ってみたらきれいに接着できたが失敗が許されない・・・。
このワークショップはなんと無料。私から提供するカット済みカルトン(厚紙)はイベント経費からいただけますが微々たる物です。まぁ、お客さんが喜んでくれたらいいかな。
DSCN8288.jpg
また、パースがチラシに載りました。グリットを1から描くと時間がかかるので3D建築ソフトで下絵を描きます。ここまではなんかすごそうと思いますが、出力したものにトレペを重ねてゆる~くトレースしています。
名称未設定 1 のコピー


スポンサーサイト

ensemble, c'est tout

2011.04.07.Thu.22:52
オドレイ・トトゥ主演の映画「幸せになるための恋のレシピ(邦題)」のDVDを見た。原作はフランスで
ベストセラーとなったアンナ・ガヴァルダの小説「恋するよりも素敵なこと パリ七区のお伽話」(原題は映画と同じ)でこちらは日本語ヴァージョン上下巻のハードカバーを図書館で借りて数年前に読んだ。大好きなフランス女優のオドレイが主演だと知ったので見たいなぁと思っていた作品。フランス映画らしからぬ(最近はそうでもないのかな・・・)ハッピーエンドで、でもどこかヒューマンチックな部分もあって。
imagesCAQITQRE.jpg
512kRC12yZL__SS500_.jpg 41hOUI0Hl1L__SS500_.jpg


90分の中に収めるために、原作をかなりはしょって仕上げてある。原作本もDVDも永久保存版でほしいかな~又は仏語で読んでみるか・・・。

役にたつ日がきた?

2011.04.03.Sun.20:37
子供のころから絵を描くことが好きだった。
服飾系の専門学校を卒業して入ったアパレル企業ではなんだか自分の居場所じゃないと漠然と感じて3年弱で退職したのが1994年12月。翌年の1月17日に阪神大震災で被災。退職前から習っていた建築パースデザイナー講座も一時休校となった。無職の時だったのですぐに実家に身を寄せたが再び神戸市に戻り通勤に何時間もかけて西宮市の土木関係の仕事についた。ここでトレースやCADを覚えた。パースの講座も無事終了できた。10数年経ち、途中いろんな職を転々としたがまた建築関係の仕事に付いた。しばらく描いていなかったパースを描くことになって、どこで何が役に立つかなんてわからないものだなっとつくづく思った。
色つけは広告会社がやってくれるので線画だけだけど、新築とリフォームの各1件づつの内観をかいた。
p2.jpg p1.jpg


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。