スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南フランスへ向かう(パリ・バスクの旅 2)

2008.07.13.Sun.17:04
安いTGVを日本で予約していたが、早朝過ぎて、いろいろ準備が大変だった。メトロの始発が間に合わないとか、スーツケースをパリにおいていくとか・・・。
まずは、早朝パリガールリヨン駅からアビニヨンTGV駅へ向かう。3時間弱の旅。2階建ての車両の上の階。隣の席は空いているはずなのに、フランス人らしき男性があいているかと移動してきた。
自分の席が4人の向かい合わせ席なので移動してきたのだけど、ものすごく場所をとって、足とか腕がこちらにはみ出し、窮屈な思いでやっとアビニヨンへ。町の中心へはバスで移動。バス乗り場を探してうろうろ。パリと違ってものすごい暑さ。35度もあったらしい。日本と違い湿度は低いがとにかく日差しが強く、日本から持ってきたラフィアの帽子とサングラスでかなり挙動不審・・・。
夕方までにエクサンプロヴァンスに入ればよいので、アビニヨンを散策後、「リルシュルラソルグ」へバスで向かう。アビニヨンのインフォメーションで聞いたバス乗り場がわからず普通の路線バスの乗り場で待っていたら、親切なマダムがバスのターミナルを教えてくれる。ものすごく暗い入り口を指してあそこから乗ってっと言っているがどうにも入る気のしない暗さ。
とりあえず除いてみると、ちょうど少し遅れて私が乗ろうとしたバスが出るところ。運転手にジェスチャーで乗せて!!と訴えなんとか間に合って移動。30分ほどで中心街へ。乗り場を間違えたら降り場も間違え酷暑のなかまた、徒歩で中心街へ。
通常ブロカントで有名な村だけど、今日は平日。どこもクローズ。小さな町なので一時間ほどめぐって
すぐにアビニヨンへ。あまりに暑いので、そのままエクスへ向かう。

lilS.jpg

DSCN1663.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。