スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短すぎるバスク滞在(パリ・バスクの旅 5)

2008.07.27.Sun.16:55
バイヨンヌの町を散策できぬまま、朝からビアリッツへ。
バス乗り場を探しうろうろ。ホテルでは駅の近く、観光案内所では橋の手前と情報が絞れず、雨も降っていたので近場を探すとバスの案内所がありそこで地図と乗り場はこの建物の裏だと聞いた。
しかし、バスの時間が来てもバスは来ない。すると、斜め向こう側に目指すバスが止まり、そして通り過ぎて行った・・・。はっとバス停の番号を見ると~あっちのバス停だった!!良くある話です。15分間隔で運行のバスでビアリッツまでは30分程度。サーフィンのメッカらしく、ボードを抱えた人がちらほら。
こちらでは、バスクの布や雑貨を探す予定で、日本からいろいろ資料を持ってきていた。が、まず、腹ごしらえ。まだ、マルシェが開いている時間だったので、名物羊の乳のヨーグルト「マミヤ」と黒さくらんぼのジャムをゲット。海の見える広場でのんびりしていると、ここで落ち合うはずの友人とばったり。
軽く情報交換してから、集合場所を決めまた、それぞれ散策。
お目当てのバスク生地を買うことが出来た。
DSCN1728 S  DSCN1733 S
お店のお兄さん、生地の切り口ぎざぎざですよ(^^)
時間どうりに落ち合い、サンジャンドリュズへ。ビアリッツの観光案内所の前からバスに乗り30分。小さなかわいい村に着いた。雑貨やエスパドリーユを購入し友人とともにバイヨンヌへ。
また、早朝よりボルドーへ移動。


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« Biscornu | HOME | 初IKEA »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。